出産祝いのマナーと贈り物

今回の冠婚葬祭マナー事典は出産祝いのマナーです。あなたの親戚や友人が赤ちゃんを出産したら、お祝いの気持ちを届けたいと思うのは当然です。

でもお母さんの体調や赤ちゃんの健康状態にも気遣ってあげて、お祝いを届けるのがマナーでしょうね。

出産祝いは生後7日目〜30日目の間が最適とされています。赤ちゃんの行事について少し解説しておきます。

生後7日目 命名日
お七夜とも言われますが、赤ちゃんの名前が決まったお祝いを身内だけで行います。

生後30日過ぎ お宮参り
赤ちゃんが生まれたことと、健康に育つことを願って氏神様にお参りします。早ければこの頃に出産祝いのお返しをします。

だからこのお宮参りの頃までに出産祝を贈るのがマナーだとされているのです。出産祝いを送る場合は、いつでも結構でしょうね。このときには、お祝いの品物と一緒にお祝いのカードを添えて贈るようにしましょう。

出産祝いを持参する場合には、母親や赤ちゃんの健康状態を考慮して、落ち着いた時期を見計らって訪問するようにしましょう。通常は退院から2週間以上過ぎたことが良いでしょうね。

出産祝いとして根強い人気を持っているものはベビー服ですね。このときにはある程度赤ちゃんのお母さんから希望を聞いておく方が良いですね。

欧米では赤ちゃんに銀のスプーンをプレゼントしていますね。生まれた年月日、時刻、身長、体重そして名前をなどを彫ってプレゼントするものです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。