玄関に入ったら、まずごあいさつ

玄関に入ったら、まずごあいさつ(冠婚葬祭マナー事典の日常生活編です。)

■ドアの閉め方

玄関に入ってドアを閉めるとき、訪問先の方におしりを向けたり、後ろ手で閉めないようにしましょう。斜め後ろを振り返るようにして、ドアをそっと閉めます。

■あいさつをする

正式には客間に通されてからしますので、玄関先では簡単に「おじゃまいたします」「ご無沙汰しております」だけでOKです。

■手みやげを渡すタイミング

部屋に通されて、あいさつが終ってから渡します。和室の場合は座ってから、洋室の場合は座る前に。

※生鮮食品、アイスクリームなど、冷蔵庫へいれた方がよいものや生花などの場合は、もちろん玄関先でもOK。

もっと詳しくは、ガイド記事→「スマートな手みやげの贈り方、受け方」をどうぞ!

■玄関をあがる
1.前向きのまま、片足ずつ静かにあがる。2.膝をつき玄関先の方を向いて靴の向きを直します。

前向きのまま、片足ずつ静かにあがりましょう。上がった後は膝をつき、玄関先の方を向いて靴の向きを直します。靴を自分でそろえるために後ろ向きに脱ぐのはマナー違反ですのでご注意を。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。