忌み言葉

忌み言葉(冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。)

忌み言葉にとらわれる必要はありませんが、できるだけ避けるような心配りも大切。
忌み言葉とは、「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉をかさねたものや、「再び」「続いて」など、死があたかも次々に連鎖するようなイメージを与えるような言葉を言います。言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉には霊が宿るという言い伝えもあり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるにちがいないとおそれられていたこともあって、葬儀の際は忌み言葉を避けるようになりました。具体的には次のような言葉があげられます。

【二度続くイメージ】
「重ね重ね」「返す返す」「またまた」「たびたび」「くれぐれも」「いよいよ」「次々」

【次も続くイメージ】
「重ねて」「続いて」「追って」「再三」「再び」


忌み言葉は単に「語呂合わせ」から敬遠されるのであって、実際に不幸と直結するわけではありません。死を忌み嫌った時代には、忌み言葉は敏感に受け止められがちでしたが、現在は死は避けてとおれないもので受け止めるべきという考えに変わってきています。

マナーの本質は思いやりですから、「イヤだな」と受け取られてしまう言葉はできるだけ避けるように心がつつ、気にしすぎて型どおりの言葉にならないよう、できるだけ自分の言葉で真心をこめて遺族と接することが大切です。



「ご冥福をお祈り申し上げます」の多用はキケン
「ご冥福をお祈り申し上げます」という一文、一般的に使われているお悔やみの文ですが、厳密に言えば多用できない文だということをご存知でしょうか?

冥福とはわかりやすく説明すれば死後の幸福のこと。仏教では亡くなった人は四十九日の間、冥土を旅しながら生前の行いに対する裁きを受けます。「冥福を祈る」とは、冥土の旅を無事に終えて、良い世界へ転生できるように祈ることを言います。

ここまで説明すれば想像がつくと思いますが、冥土は仏教用語ですから、神道やキリスト教では使わない言葉です。また、冥土をさまようという概念を持たない浄土真宗でも不適当な言葉となります(浄土真宗は、人は死後すぐに浄土へ行くという教えに基づきます)。

「冥福」のほかに「往生」「供養」「成仏」も仏教用語。忌み言葉と同様、気にしすぎたらキリがありませんが、遺族に失礼にならないように、神道やキリスト教葬儀では使用しないように注意しましょう。

ちなみに「ご冥福をお祈り申し上げます」を言い換えるとしたら、「哀悼の意を表します」が適当です。


このほかのNGワード
葬儀では死を意味する直接的な表現も避けます。「死ぬ」「死亡」「生きる」「生存」などを言う場合、次のような言葉におきかえて話すと良いでしょう。

「死ぬ」→「亡くなる」
「死亡」→「逝去」
「生存中」→「生前」
「生きているとき」→「お元気なとき」

また日本では「四」「九」は不吉な数字とされているので避ける傾向があります。


ペンタブレットの楽しい使い方
アロマセラピー アロマセラピーの効能

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。