葬儀での会話についてのQ&A

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。葬儀での会話についてのQ&A

大切な人を亡くした人のほとんどは「家族や友人の支えが一番ありがたかった」と答えます。気の利いた言葉でなくてもかまいません、そっと声をかけてあげるだけでも力になれるかもしれません。
Q:
キリスト教の場合は「昇天」「召天」という言葉の意味は?
A:
「昇天」と「召天」は似ているようですが意味は違います。「昇天」は天へ昇ること。「召天」は天に召されることを意味し、受身になります。一般的には「召天」が使われます。

Q:
遺族と話すときに笑顔はダメ?
A:
大声で笑ったり、にぎやかな雰囲気を作ってしまうような笑顔は当然×。基本的には葬儀の場での笑顔は禁物とされています。しかし、遺族をいたわる穏やかな笑顔なら大丈夫。故人の思い出話をしながら「あのときは○○だったわね〜。」などと微笑む程度なら、きっとその場が和むはずです。

Q:
自分の焼香が終わった後、遺族の前でひとこと挨拶するべき?
A:
焼香は読経の途中ではじまることが多いので、焼香後は小声でひとこと挨拶するか、何も言わずに礼だけします。特に参列者が多い場合は、焼香の列が滞ってしまうので軽く目礼する程度にしておきましょう。


心豊かなスローライフへの転職
米倉涼子愛用のおしゃれなフィットネスサンダル
白にきび 原因|治療|スキンケア

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。