日常生活のマナーも忘れずに

冠婚葬祭マナーは時代の移り変わりで変わってくる場合もあります。でもいつの時代であっても変わらないのは誠意を持って冠婚葬祭のマナーを守ることではないでしょうか。

とくに、葬儀では宗教や宗派によって細かくマナーが分かれている場合もありますよね。そんなときに、事前にどのような宗教や宗派によって葬儀が行われるかがわかっている場合はマナーの準備ができるでしょう。

でも、宗教や宗派が事前に分かっていない場合も多々あるでしょう。そんなときは、誠意が伝わるような態度や言動で十分でしょう。

あまりマナーにこだわって、誠意が見えない、形だけのマナーよりも場の雰囲気に合っているのではないでしょうか。

特に最近は、親になる人が正しいマナーに接することが少なくなってきていますよね。冠婚葬祭のときだけに、付け焼刃でマナーを守ろうとしても難しい場合があります。

馬脚を現すといってもいいでしょうね。日頃から家族や近所付き合いの中でもマナーを守ることに気配りをしていることをおすすめします。

マナーのためにマナーを覚えるのではなく、日常生活を円滑にし、楽しいものとなるようなマナーを目指してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。