引越しをするときの近所への挨拶

冠婚葬祭に限らず、日常生活でもマナーは大切です。そこで一目置かれる訪問時のマナーについてお話しましょう。

お友達同士での挨拶、引越ししたときの近所への挨拶、子供が入学した学校での先生や父兄同士の挨拶を挨拶にはさまざまな場面が考えられますね。

挨拶の基本は会釈にあります。この会釈に笑顔を添えることも忘れないようにしてください。

美しい会釈のマナーとしては
「自分のつま先が見えるくらいの『ぺこり』」
「おへそをちょっと引くようにする」
「手を腿の前で重ねると丁寧」
などがあります。

引越しで出て行く場合には、前もってご近所に挨拶をして、騒音などで迷惑をかけることがありまますなどの挨拶をしておきましょう。

どの程度の範囲にまで、引越しの挨拶をするのかと言えば、ちょっと広範囲に挨拶してください。自分では気が付かない人に迷惑をかける場合もあったりしますが、挨拶をしておけばそれなりに許してくれるはずです。

もし引越しの餞別を頂いたような場合には、引越し後に新生活が落ち着いたら、お礼状は必ず出してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。