絶対失敗してはいけない名刺のマナー

名刺についてのマナーについてお話します。名刺のマナーを教えてくれることが少ないので、自己流で名刺を渡したり、貰ったりしているのではないでしょうか。

だから、名刺のマナーを少し知るだけで相手とのコミュニケーションが大きく違ってきますから、ぜひ覚えてください。

名刺の交換は相手が複数いた場合には上役の人から順に渡します。また、訪問した場合には訪問者から先に名刺を差し出すのがマナーになります。

もし、名刺を忘れていたり、名刺が足りなくなった場合には、後で必ず郵送することです。出来れば、余分な名刺をいつも別の場所に持っているといいでしょうね。

次に受け取った名刺ですが、相手の会社名、役職名、氏名を覚えるまではテーブルの右上に置きましょう。

このときに、貰った名刺に相手の印象や情報を書き込むことは絶対に慎んでください。自分のデスクに戻ったときに書き込むようにしましょう。

最後に貰った名刺は絶対に忘れてくることはないようにしてください。もし、名刺を忘れてくるようなことがありましたら、ビジネス相手であればビジネスの商談は壊れるものだと覚悟しておいてください。

また、個人的な関係であった場合には、今後の交際がギスギスしたものになることを覚悟するべきです。一度の名刺での失敗がその後の交際に大きな影響を与えますので、貰った名刺を忘れるようなことは絶対にないようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。