彼岸のマナー

生活のマナーでお彼岸というものがあります。お彼岸という名前は聞いたことがあるが詳しいことは知らないという人が多いのではないでしょうか。

お彼岸は春と秋にあります。それぞれ春分の日(3月21日ごろ)と秋分の日(9月23日ごろ)を中日として、その前後3日間合わせた7日間をいいます。

亡くなったひとが住む世界である彼岸と呼びます。お彼岸にお墓参りをするのは、亡くなった人を供養すると自分は極楽浄土に行くことが出来ると考えられたからです。

これは春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇って、真西に沈み、昼と夜の長さが同じであるという特別な日であるという太陽信仰から始まったとも言われています。

お彼岸の準備としては、仏壇・仏具の掃除、お墓の掃除、供花やお供えをします。

季節ごとに変わる「ぼたもち」の呼び名とその由来
通常、「ぼたもち」は春に「牡丹餅」、秋に「御萩」と呼ばれる。しかし、実際には(現代ではほとんど使われていないものの)夏と冬にも正式な呼び名が存在する。ここでは季節ごとの「ぼたもち」の呼び名とその由来を挙げる。

春 牡丹餅
牡丹の花が咲く季節、すなわち春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆餡の様子を、牡丹の花に見立てたことから。倭漢三才図会には「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」と記されている。

夏 夜船
ぼたもちは餅と作り方が異なるため、「ペッタン、ペッタン」のような音を出さずに作ることができる。なので、隣に住む人には、いつ搗いたのか分からない。そこで、
「搗き知らず」→「着き知らず」
と言葉遊びをして、夜は暗くて船がいつ着いたのかわからないことから。

秋 御萩
牡丹餅と同じく、小豆餡の様子を秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことから。

冬 北窓
夜船と同じように、
「搗き知らず」→「月知らず」
と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月が見えないのは北側の窓だ、ということから。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。