好評を博したこんな余興

好評を博したこんな余興
カラオケは、ポピュラーな余興ですが、ほかの人と選曲が重なることもあるため、前もって司会者に歌う曲を伝えておきましょう。もしもの場合に備えて、ほかにも2〜3曲用意しておくと安心です。

緊張で顔が引きつったり、照れが表に出てしまうと、見ているほうが心配になってしまいます。新郎新婦や大勢の招待客を前にして、緊張しない人はいません。「あがるのは皆同じ」と自分に言い聞かせて、堂々とこなすことです。

実際に披露宴で好評を博した余興をいくつかご紹介します。
●2人の生い立ちをスライド上映
生まれたときからこれまでの写真を新郎新婦から拝借。2人が結ばれるまでの過程を、ストーリー仕立てでスライド上映します。

●2人の出会いを寸劇や紙芝居に
新郎新婦の出会いのエピソードなどを、寸劇や紙芝居にするのも楽しいものです。テレビの人気番組のせりふや流行歌を使うなど、だれもが親しめるような工夫をし、品よく明るくまとめるのがコツです。

●お祝いのメッセージをテープで
新郎新婦と関わりのある方々に、事前にひと言ずつメッセージをテープに吹き込んでもらい、それを会場で流します。

●歌
2人の門出にふさわしい選曲を。歌詞の一部を新郎新婦にちなんだ替え歌にするという方法も。母校の校歌を仲間で合唱してもよい。

余興を頼まれたら

余興を頼まれたら
余興は、固くなりがちな披露宴の雰囲気をなごませ、盛り上げてくれるものです。依頼されたら、恥ずかしいから、忙しいからなどと辞退せず、快く引き受けたいものです。新郎新婦へのささやかな贈り物とかんがえましょう。

披露宴の列席者は、年齢層が幅広いので、若い人でも高齢者でも楽しめる余興にしたいものです。お祝いの席にふさわしい歌や楽器演奏など、自分の特技を生かした余興もよいでしょう。会場にいる人全員が楽しめるクイズやゲームなどを企画しても喜ばれます。

ひとりよがりになったり、仲間うちにしか内容が伝わらないものは、余興として不適切です。準備に時間がかかる大掛かりなもの、演出が凝りすぎたものは、トラブルの原因になりかねないため、避けたほうが無難。楽器の演奏でも、大音響を発するものは、披露宴にはふさわしくありません。

ぶっつけ本番は失敗のもとです。余興の内容が決まったら、入念な打ち合わせを行い、BGMに流すテープや小道具の準備を整えましょう。ダンスやバンドによる演奏など、ある程度のスペースが必要な余興は、事前に会場の広さを確認しておくことが大切です。特別な機材が必要な場合は、早めに主催者に申し出ましょう。自分で機材を持ち込む場合も、当日の進行を乱さないよう、事前に会場側に伝えます。

スピーチで使ってはいけない言葉

スピーチで使ってはいけない言葉
スピーチでは使ってはいけない言葉がありますので、注意してください。

縁起の悪い言葉。飽きる、失う、終わる、消える、切る、欠ける、壊れる、避ける、刺す、去る、倒れる、閉じる、逃げる、冷える、再び、戻る、破れる、別れる、割れるなど。「ケーキを切る」→「ナイフを入れる」、「宴会が終わる」→「お開きにする」、「退職する」→「勤め上げる」、など、縁起の悪い言葉は、ほかの言葉に言い換えます。

重ね言葉。いろいろ、くれぐれ、かさねがさね、しばしば、たびたび、かえすがえす、わざわざ、など。

早めにスピーチ原稿を作り、声を出して練習しておきましょう。本番のときにも原稿を手元においておくと安心です。マイクの前に立ったら、深呼吸をして気持ちを落ち着け、だれか1人に話しかけるつもりで話をします。あがっていることを正直に告白してもよいでしょう。

突然スピーチを指名されたら、辞退したり、ぐずぐずしていると、場がしらけていまいます。指名されたらすぐに立ち、「突然のご指名であがっておりますが」と断ってから、お祝いの言葉を簡潔にのべましょう。こうしたケースを見越して、なにを言うかあらかじめ考えておくと、安心して宴にのぞめます。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 披露宴乾杯のマナー

スピーチを頼まれたら

スピーチを頼まれたら
スピーチは事前に依頼されるのがふつうです。依頼されたら、当日までに原稿を準備しておきましょう。時間的には、主賓なら3〜4分、友人なら2〜3分を目安にします。文章にすると、400字詰め原稿用紙2枚分が、だいたい3分にあたります。

スピーチの内容は、お祝いの言葉に始まり、話し手の自己紹介、新郎新婦への人柄がしのばれる話題、新生活への激励、そして最後にもう一度お祝いの言葉で締めくくるのが一般的です。話題は、新郎新婦のよい面をさりげなく披露するものにかぎります。自慢話や暴露話、政治や宗教の話題は避けましょう。

上司、同僚、友人など、それぞれの代表としてスピーチを依頼されているわけですから、自分の立場をよく踏まえて内容を準備したいものです。職場でのエピソードをあげて、有能な仕事ぶりや人柄のよさをさりげなく披露します。主役の失敗談を語ったり、会社のPRを述べるのは禁物です。

学生時代の思い出など、心温まるエピソードをあげて、主役の人柄のよさが浮かび上がるような話にします。ウケをねらった暴露話や、仲間うちでしか通用しないジョークは避けるべきです。

忌み嫌われる言葉のいろいろ、別れを連想させるような縁起の悪い言葉や、再婚を暗示する「重ね言葉」は、お祝いの席では避けます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。