男性招待客の服装

男性招待客の服装
一般の来賓の立場であれば、準礼装のブラックスーツやディレクターズスーツ、もしくは略装のダークスーツを着るのが一般的です。モーニングやタキシードでもかまいません。夜の準礼装では、男性は多少華やかに装うことが多いようです。準礼装であるファンシータキシード(色柄やデザインが自由なタキシード)やカクテルスーツ(光沢のあるスーツ)などでドレッシーに、

スーツのデザインは、ダブル、シングルのどちらでもかまいませんが、シングルの場合は、グレーまたは上着と共布のベストを着用します。

勤務先から、ビジネス用のダークスーツで披露宴へ直行するときは、ネクタイやカフスをドレッシーなものに換え、胸にポケットチーフを飾ります。

ネクタイは白を合わせる人が多いのですが、本来、白はビジネスで着用するものです。披露宴では白黒の縞もしくはシルバーグレーのネクタイの方が望ましいといえます。

子供の礼装に特別な決まりはありませんが、学生なら制服が正装になります。制服がない場合、女の子ならワンピースまたはジャケットにスカート、男の子ならブレザーにズボンなど、子供らしい服装を選びます。

ロングドレスやタキシードなど、華美すぎる服装は考えものです。よそいきの服を、コサージュや蝶ネクタイなどの小物でドレスアップするくらいがよいでしょう。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 披露宴衣装のマナー

洋装で結婚披露宴に出席する女性の場合

洋装で結婚披露宴に出席する女性の場合
昼の披露宴では、肌の露出度が少ないデザインのもの、光らない素材のものを選ぶのがマナーです。夜の披露宴では、胸元や背中のあきが大きく、光る素材を使った、華やかなドレスがふさわしいといえます。

基本的に花嫁以外の人は白は着ません。ただし、部分的に白をあしらったり、ウールやリネン素材のスーツを着る分には問題ないでしょう。黒い服を着る人も多いですが、喪の色なので、黒一色にならないように注意します。アクセサリーなどを上手に使ってドレッシーに装いましょう。

披露宴ではスカートを着るのが一般的ですが、パンツスーツでも問題ありません。ただし、ビジネスで着るようなカチッとしたデザインは避け、フェミニンなものを選びます。

バッグは、フォーマルな席では、小ぶりなものを持つのが原則です。昼のドレスには布製やビーズ素材、夜のドレスには金属やエナメルなど光る素材のバッグをあわせましょう。

靴ですが、昼はブレーンなパンプスを、夜はドレスと共布、もしくは金銀のパンプスを履きます。パンプスは、ある程度高さのあるものが正式です。

アクセサリーは、昼のドレスには、パールなどの光沢が控えめなものを、夜のドレスには、金銀や宝石のアクセサリーを合わせて華やかにします。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 結婚式衣装のマナー

女性招待客の装い(和装)

女性招待客の装い(和装)
結婚披露宴では、和装でも洋装でも、主役の花嫁より控えめに装うのがマナーです。さらに和装の場合、ミスとミセスとでは着物の種類が異なるので注意。

ミスの結婚披露宴での装いです。ミスの正装は振袖ですが、花嫁がお色直しで本振袖を着る場合もあるため、招待客は一段格を落とした中振袖を着るのがエチケット。

ミセスの結婚披露宴での装いですが、ミセスの正装は黒留袖ですが、媒酌人夫人や年配の親族以外は、準礼装である訪問着や色無地を着用するのが一般的です。格式の高い式なので正装を、という場合は、黒留袖と同格の色留袖を着用するとよいでしょう。

訪問着や色無地は、未婚、既婚に関係なく着ることができます。若い未婚女性は華やかな色柄を、ミセスは落ち着いた色合いのものを。着物の柄は、松竹梅や扇、四君子(梅竹菊蘭)など、おめでたく格調の高い柄を選びたいものです。着物が地味なときは、帯や伊達襟、バッグ、草履など、小物の色合いを華やかにしましょう。

和装のときは、着崩れを起こさないよう、身のこなしに注意します。乾杯のときに高く腕を上げると、ひじのあたりまでむきだしになって見苦しいものです。グラスは胸の高さにかかげましょう。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 結婚式衣装のマナー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。