海外挙式の注意点

海外挙式の注意点
海外挙式をする場合に、オプションで申し込んでおきたいのが、列席者の旅行の手配です。式の手配と同じ業者に頼んでおけば、万一のトラブルがあった場合、連絡がスムーズに取れて安心です。挙式後、現地で列席者とパーティーを開く場合は、会場の手配が必要になります。自分で手配する手間を省きたい場合は、これもオプションで申し込むとよいでしょう。

式場の仮予約とは、日本の一般式場独特のシステムです。教会には仮予約という考え方はなく、希望する日と教会の都合が一致すれば予約が可能になります。当然、予約後に日程を変更するのは避けるべきです。

ウエディングドレスを日本から持参する場合、長時間の持ち運びを考えると、しわになりにくく、かさばらない素材のものが適しています。持ち運び用に専用の衣装ケースをサービスしてくれる店もあります。万一の紛失に備えて、飛行機では機内持ち込みにしたほうがよいでしょう。

海外挙式で、式の進行は現地の言葉で行われますが、多くの地域で日本語が話せる通訳やアシスタントが手配できます。式の前にはリハーサルや説明があるので、戸惑うことはないはずです。基本料金に含まれているかどうかは、業者や地域によって異なります。

海外挙式の結婚式では、フォーマルな服装を着用するのがマナー。バージンロードを歩く花嫁の父をはじめ、新郎新婦の両親は礼装でのぞみます。列席者は、男性はスーツにネクタイ、女性はワンピースやスーツが基本。リゾート地での挙式だからといって、ジーンズ姿は避けましょう。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 結婚式場のマナー

海外挙式の手配と準備

海外挙式の手配と準備
旅行代理店に申し込む場合ですが、既成のパッケージツアーに、オプションとして挙式を組み込む方法と、挙式とハネムーンをセットにしたウエディング専用ツアーを申し込む方法の2つがあります。前者では、挙式場所の選択肢が多く、日程の融通も利くメリット。ただし、ツアーの最少催行人数に満たなければ、挙式も不可能になります。後者では、挙式に関するすべての手配を代行してもらえるので手間がかかりませんが、挙式場所などの選択肢は少なくなります。

結婚プロジュース会社に申し込む場合は、挙式を中心としてプランを組み立てるため、挙式にこだわる人には最適。現地の挙式事情を熟知しており、希望のプランを実現するための的確なアドバイスが受けられます。実際にオフィスに出向いて打ち合わせを行うのがいちばんですが、全国的にオフィスの数が少ないのがネック。

挙式の6ケ月前には申し込みをすませる。申し込みは、挙式の1年〜6ケ月が目安です。申し込む前に、旅行代理店やプロジュース会社を回って情報を収集しましょう。なお、業者によって得意な地域があるので、何社か比較することをおすすめします。

通常、業者では挙式のビデオや写真を用意しているので、見せてもらうとよいでしょう。希望する挙式地の実情(ドレスやブーケは現地で手配できるか、美容師に日本語は通じるか、など)も確認します。申し込みに際しては、何が料金に含まれ、何がオプションなのかをしっかり確認しましょう。ドレスのレンタルやヘアメイク、ビデオ撮影などは、基本的にオプションとなります。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 結婚式場のマナー

海外挙式

海外挙式
ハネムーンも兼ねられる海外挙式が人気。海外旅行が身近になり、結婚式を海外で挙げるカップルもめずらしくなくなりました。式場(教会、城など)の建物や、周囲の風景がロマンティックなこと、ハネムーンを兼ねられること、招待客が少なくてすむこと、費用が割安なことなど、人気の理由です。旅行会社や結婚プロジュース会社に依頼すれば、すべての手続きや手配を代行してくれます。

海外挙式で、ムードばかりを優先されると、思わぬトラブルを招きます。次のポイントを検討したうえで、自分が希望する結婚式を実現するのに、最もふさわしい場所はどこか選びましょう。

教会で挙式は可能か
海外挙式で人気が高いのは、教会で行うキリスト教式の結婚式です。しかし、国によっては、信者でない外国人の挙式を受け入れている教会がひじょうに少ない場合があります。

気候は穏やかか
日本と気候の差が激しい国では、年配の列席者に負担がかかります。日本とは季節的に逆になる南半球の国々では、特に注意が必要です。

ドレスの手配は可能か
ドレスの手配を現地で行う場合は、日本語が通じるかどうかが大切なポイントになります。また、ヨーロッパではレンタルというシステムが定着しておらず、手配そのものが困難です。

オリジナル結婚式

オリジナル結婚式
人前結婚式をさらに発展させ、まったく自由なスタイルで行う結婚式です。単なる思い付きや奇抜さを狙うのではなく、「親や家、周囲の人のためではなく、2人の記念としての結婚式を挙げたい」「格式ばったスタイルに抵抗がある」などの理由で選ばれます。

工夫しだいで費用が節約できるため、限られた予算で、思い出に残る式が、行えるというメリットもあります。式場には、個性的な場所が選ばれることが多いようです。人気の高い船上をはじめ、美術館などの公共施設、山の上のスキー場など屋外で行うケースも考えられます。

オリジナル結婚式では、人前結婚式と同様、綿密なプランニングが必要です。アイデアが先行して実現不可能などということのないように、周囲の意見を聞いたり、友人などにサポートを頼むことも大切です。結婚式はイベントやショーではないということを、十分認識しておきましょう。

結婚プロジュース会社などで、カップルの希望を取り入れたオリジナル挙式の世話をしてくれるところが増えています。式のイメージが漠然としている場合も、こうした会社に相談してみるとよいでしょう。過去の挙式例をもとに、具体的なアドバイスをしてくれます。

人前結婚式

人前結婚式
人前(じんぜん)結婚式は、結婚の誓いを神や仏に対してではなく、家族や親戚、友人などの前で行うものです。「しきたりにとらわれたくない」「特別な信仰はないので宗教色を出したくない」というカップルに人気があります。

決まった式次第などがないため、自分たち独自のアイデアを生かすことができ、個性豊かな式を実現させることができます。列席者の立会いのもとに結婚の誓いを述べたり、婚姻届への署名・捺印や指輪の交換を行うというのが、一般的な人前結婚式の内容です。一般の式場やホテル、レストランをはじめあらゆる場所での挙式が可能です。

人前結婚式では、会場や式の内容などを、すべて自分たちで決めていくことになります。具体的に、確かなイメージを持って計画しましょう。準備をスムーズに進めるためには、友人にサポートしてもらったり、結婚プロジュース会社に相談するとよいでしょう。

司会者は、神前式の神主やキリスト教式の牧師・神父にあたる大役。スムーズな進行のできる人にお願いすることが肝心です。場合によってはプロに依頼しましょう。また、個性を重視しすぎると、両親や親戚など、年輩の列席者はとまどいがちです。事前に話し合い、多くの人に祝福される式を作りたいものです。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 結婚式のマナー

仏前結婚式の進行

仏前結婚式の進行
1、入堂
新郎新婦の両親、親族は、係員の指示に従って堂内に入り、着席します。新郎は媒酌人とともに右の入り口から、新婦は媒酌人夫人とともに左の入り口から入場し、合流して仏前まで進みます。続いて司婚者(僧侶)が入堂し、仏壇と焼香卓の間に立ちます。

2、啓白文(けいはくぶん)朗読
司会者が結婚式の始まりを告げると、一同は起立します。司婚者が仏前に焼香、合掌礼拝し、一同も合わせて合掌礼拝をします。続いて司婚者は、仏と先祖の霊に2人の結婚を報告する「啓白文」を読み上げます。

3、念珠授与
仏前に供えられている念珠が、司婚者によって新郎新婦に授けられます。まず新郎の手に白い房の念珠、続いて新婦の手には赤い房の念珠がかけられます。念珠は合掌した状態で受け、合掌をとくときは、左の手首にかけ直します。

4、司婚(しこん)の辞
仏前に結婚を誓う儀式です。司婚者が、新郎新婦に生涯苦楽をともにすることを問いかけるあkたちで、それぞれが「誓います」または「はい」と答えます。司婚者は、2人の結婚が成立したことを列席者に向かって宣言します。

5、新郎新婦焼香
まず新郎、次に新婦の順に、焼香卓の前に進んで焼香を行います。念珠は左手にかけておき、右手で香をつまみます。

6、式杯・親族杯の儀
神前結婚式の「三三九度の儀(三三九度の杯)」にあたる儀式です。手順は神前式と共通ですが、新婦が先に口をつけるのが仏式の特徴です。続いて、列席者の杯にも御酒がそそがれます。一同は起立し、司婚者の合図でこれを飲み干し、親族固めの杯とします。

7、司婚者法話
晴れて夫婦となった2人に、司婚者がお祝いと励ましの言葉を述べます。新郎新婦は起立し、列席者は着席して拝聴します。最後に、司婚者が仏前に向かって合掌します。一同も起立し、合わせて合掌します。

8、退堂
最初に司婚者が退堂し、これに続いて新郎新婦、媒酌人夫婦、両親、親族の順で式場から出ます。ここまでの所要時間は、およそ30分です。

仏前結婚式

仏前結婚式
仏前結婚式では先祖の霊に結婚の報告をする。仏教の考え方では、結婚は前世からの因縁によるものとされています。仏前(ぶつぜん)結婚式は、先祖の霊に2人が出会えたことを感謝し、結婚を報告する儀式として行います。

現在の仏前結婚式のかたちは、昭和に入ってから整えられたもので、式次第は神前式に準じます。宗派によって多少異なりますが、おごそかな雰囲気の中で、念珠(ねんじゅ、数珠)の授与や焼香が行われるのが特徴です。

仏前で結婚式を挙げるカップルは、神前やキリスト教に比べると多くはありません。両家のいずれかが寺院に関わりがある場合に行うことが多いようです。仏式の結婚式は、先祖代々の墓がある菩提寺か、同じ宗派の寺院で行うのがふつうです。両家の宗派が違う場合は、話し合ってどちらかの宗派で行います。また、僧侶を自宅に招き、仏間で式を挙げるケースもあります。

大きな寺院の中には、挙式だけでなく披露宴まで行うことのできる設備を整え、宗派に関わらず挙式を受け付けてくれるところがあります。まだ数は少ないですが、ホテルや一般の式場でも、仏式の結婚式場を設けているところが増えています。

列席者は、あれば念珠を持参したほうがよいでしょう。主催者側は招待状に「挙式は仏前式で行います」とひと言注意書きを添えたほうが親切です。

キリスト教結婚式の進行

キリスト教結婚式の進行
1、入場
式の開始とともにウエディングマーチが演奏され、新郎が媒酌人(証人)とともに入場、聖壇の前で新婦を待ちます。続いて、新婦が父親とともに入場。バージンロードを歩いて聖壇まで来たら、新婦は新郎に引き渡されます、この間、列席者は起立して見守ります。

2、賛美歌斉唱
新郎新婦が聖壇の前にそろったところで、一同は起立したまま、祝福の賛美歌を歌います。式次第に印刷された歌詞を見ながら、できるだけ声を出して歌いましょう。知らない歌は、周囲に合わせて小さな声で読むとよいでしょう。

3、聖書朗読と祈祷
牧師が聖書の一節を朗読し、神への祈りを捧げます。続いて、神の教えと結婚の意義に関する説教が行われ、2人に励ましの言葉が贈られます。列席者は着席して拝聴し、ともに祈ります。

4、誓約
神と証人の前で、2人が結婚を誓う儀式です。牧師は、まず新郎に向かって、結婚の意思を確認する問いかけを行います。これに対して、新郎は「はい、誓います」と答えます。続いて、新婦も同様に誓約します。この後、夫婦になったしるしとして、新郎が新婦のベールを上げます。列席者は、この間起立して、証人として見守ります。

5、指輪交換
結婚の誓いのしるしとして、新郎新婦が指輪の交換をします。新郎は手袋、新婦は手袋とブーケを媒酌人に預けます。指輪は牧師から、まず新郎に渡されます。新郎は左手でこれを受け取り、右手に持ち替えて新婦の薬指にはめます。新婦も同様にして、新郎に指輪をはめます。

6、祈祷・宣言
牧師は2人の右手を重ね合わせ、その上に自分の手を置いて、神の祝福があるように祈ります。祈祷後、2人の手をとき、列席者のほうを向かせます。ここで、2人の結婚が成立し、夫婦になったことを宣言します。

7、賛美歌・証明書署名・祝祷
全員が起立して賛美歌を歌います。続いて、新郎新婦が結婚証明書(もしくは婚姻届)に署名します。新郎新婦の順に署名を行った後、牧師が祝祷(しゅくとう)をささげます。教会での挙式では、証人(媒酌人)が結婚証明書へのサインを求められる場合もあります。

8、退場
ウエディングマーチが演奏されるなか、新郎新婦が腕を組んでバージンロードを進み、退場します。列席者は、拍手で2人を送り出します。証人が2人に続いて退場した後、牧師が結婚式の終了を宣言し、列席者も退場します。式場によっては、この後親族の紹介が行われます。

キリスト教結婚式

キリスト教結婚式
キリスト教の結婚では、神と多くの人の前で結婚を誓うことに意味があります。親族ばかりでなく、友人や職場の人を招待するのが一般的で、多くの人に結婚を祝福してもらうことができます。

キリスト教式の結婚式のロマンティックな雰囲気は、多くの女性の憧れ。しかし、ムードばかりでこの形式を選ぶのは考えものです。現在では、信者でなくても挙式できる場所が多くありますが、最低限、キリスト教の結婚に対する考え方は理解しておきましょう。なお、キリスト教には、大きく分けてカトリックとプロテスタントの2つの宗派があり、結婚観も宗派によって異なります。

キリスト教式の結婚式は、本来は教会で行われるものです。この場合は、新郎新婦のいずれかが信者であることが前提となります。信者が属する教会で挙式を行いますが、2人ともが信者で、それぞれが別の教会に属しているときは、新婦の属する教会で行うことが多いようです。

信者でない人が挙式をするとき、多くの教会では、牧師が行う結婚講座に、2人がそろって出席することなどを条件としています。どちらも信者でないときは、挙式を希望している教会に属する信者や、その教会で実際に式を挙げた知人などに紹介してもらうのが近道です。

こうしたつながりのない場合は、直接電話で問い合わせてみましょう。可能なら教会に出向き、2人の気持ちを伝えたうえでお願いします。ホテルや一般の式場にも、礼拝のための施設が設けられています。信者でなくても自由に挙式ができるため、キリスト教式の挙式を希望するカップルのほとんどが、こうした施設を利用します。

神前結婚式の進行

神前結婚式の進行
1、入場
まず両家の親族が入場。神座に向かって右側が新郎側、左側が新婦側です。続いて、新郎新婦と媒酌人夫妻が入場します。神座に向かって右側に新郎、左側に新婦が着席します。媒酌人は新郎の後ろ、媒酌人夫人は新婦の後ろに着席します。最後に、斎主(さいしゅ、神主)が入場します。

2、修祓(しゅうばつ)の義(おはらい)
合図により一同が起立すると、斎主が式の開始を告げます。続いて修祓、すなわち身を清めるためのおはらいを行います。おはらいを受けるときは、起立したままで、軽く頭を下げます。その後、神座に向かって一拝します。

3、祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が、神座に向かって2人の結婚を報告し、門出を祝う祝詞を読み上げます。一同起立し、軽く頭を下げます。

4、三献(さんこん)の儀
新郎新婦が交互にお神酒を飲み交わし、夫婦の契りを結ぶ儀式です。「三三九度の杯」とも呼ばれます。まず、新郎新婦と媒酌人夫妻が起立します。続いて、神前から下げたお神酒を、巫女が杯につぎます。杯は大中小の3つで、次のような順序で交わします。
 小杯 新郎→新婦→新郎
 中杯 新婦→新郎→新婦
 大杯 新郎→新婦→新郎
杯は両手で持ち、はじめの2口は口をつけるだけにして、3口目で飲み干します。飲めない人は、口をつけるだけでかまいません。

5、誓詞奏上(せいしそうじょう)
神前に結婚を誓う儀式です。新郎新婦は神前に並び、新郎が誓詞を読み上げます。読み終えたら自分の姓名を名乗り、続いて新婦が姓名を名乗ります。読み終えた誓詞をたたんで玉串案(玉串を捧げる台)にのせ、二拝二拍手一拝します。

6、玉串奉奠(たまぐしほうてん)
新郎新婦は、斎主または巫女から受け取った玉串を、玉串案に捧げます。続いて二拝二拍手一拝した後、お互いが顔を合わせるように、内回りで向きをかえ、席に戻ります。この後、媒酌人夫妻が同様に玉串案に玉串奉奠を行い、神座に一拝します。これに合わせて列席者も起立し、一拝します。

7、指輪の儀
結婚のしるしとして、新郎新婦が指輪を交換します。まず新郎が新婦の薬指に、続いて新婦が新郎の薬指に指輪をはめます。婚約指輪は事前にはずしておくか、右手の薬指にはめ直しておきます。式の後、結婚指輪の上に婚約指輪を重ねます。

8、親族杯の儀
列席者全員でお神酒を飲み干し、親族の固めとします。新郎新婦、媒酌人夫妻を含め全員にそそがれたら、斎主の合図で起立し、3口で飲み干します。この後引き続いて、奏楽に合わせて巫女が舞う「寿の舞」が行われることがあります。

9、退場
斎主があいさつし、神座に向かって一拝します。一同もこれに合わせて一拝し、式が終わりとなります。斎主の退場後、新郎新婦、媒酌人夫妻、親族の順で式場を出ます。なお、退場の前に、親族の紹介を行う場合もあります。

神前結婚式

神前結婚式
三三九度の杯を交わし神々の前で結婚を誓う。神前結婚式は、日本の伝統的な結婚のスタイルです。式を司るのは斎主とよばれる神職で、三三九度の杯を交わし、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行うことによって、日本古来の神々の前で結婚を誓います。

神前結婚式の特徴は、いかにも日本の結婚式らしい、厳粛な雰囲気に満ちていることです。現在でも多くのカップルがこのスタイルを選んでいます。式に列席できるのは、両親と兄弟、おじ、おばくらいまでの親族に限られるのがふつうで、席は30〜50くらいです。定員以上になったときは、後方に席をつくるか、立ってもらいます。最近では、親族ばかりでなくかなり親しい友人にも列席してもらえるように、席の数を増やす式場が多くなってきました。

儀式の作法や式次第は、式場によって若干異なります。事前の打ち合わせで確認しておきましょう。式が始まる前には、新郎が神前で読み上げる誓詞(せいし)によく目を通しておくことが大切です。式のときに交換する指輪は、忘れずに係員に預けておきましょう。

神前結婚式は、本来は神社で行われるものです。しかし現在では、ホテル、一般の結婚式場、公共施設など、挙式が可能な施設のほとんどが神殿を備えています。交通の便がよいことや、披露宴の会場が同じ建物であることなどから、神社以外の式場で挙式するケースが増えているようです。

冠婚葬祭マナー事典
冠婚葬祭マナー 結婚式のマナー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。