披露宴の流れ 列席者退場まで

披露宴の流れ 列席者退場まで
11、新郎新婦再入場・キャンドルサービス
お色直しを終えて再入場する際は、なんらかの演出を施すのが一般的になっています。従来は、灯をともしたキャンドルを持った新郎新婦が列席者の間を回り、各テーブルのキャンドルに灯を移していくキャンドルサービスが主流でした。しかし最近では、別の演出を行う人が増えてきました。

12、花束贈呈
新郎から新婦の母親へ、新婦から新郎の父親へ、花束の贈呈を行います。この習慣はここ10数年来のもので、本来、身内への挨拶を人前で行うことはありません。最近は、スマートではないからと省略する人も増えています。

13、親族代表の謝辞
両家から列席者に向けて、数々の祝辞へのお礼と、今後の指導・援助をお願いする言葉が述べられます。新郎または新郎の父が代表して行うのが一般的です。最後に両家一同で深く一礼。列席者は、拍手でこれに応えます。

14、閉宴の辞
司会者から、披露宴の終わりを告げる挨拶があります。出席に対するお礼とともに、新郎新婦の新婚旅行の予定や新居のことなども付け加えます。引き出物は、会場の係の人によって、このときまでに配り終えておきます。

15、列席者退場
列席者の拍手に送られて、新郎新婦、媒酌人夫妻、両親が退場します。そのまま新郎新婦を中心に、媒酌人夫妻と両親会場の出口に並びます。退場する列席者一人ひとりにお礼のあいさつをして見送ります。

披露宴の流れ ウエディングケーキまで

披露宴の流れ ウエディングケーキまで
6、乾杯
シャンパンの準備が整ったら、司会者が「それでは乾杯を」の言葉で全員起立。来賓の音頭で、グラスを軽くかかげて乾杯し、新郎新婦を祝福します。お酒が飲めなくても、軽く口をつけるのがマナー。会場から拍手がわいたら、新郎新婦は謝意を込めて会釈します。

7、食事開始
各テーブルに料理が運ばれ、食事に入ります。お色直しを2回行う場合、新郎新婦はここでいったん退場し、1回目のお色直しを行います。本来は、宴の最中に招待側が席をはずすのは失礼にあたります。新郎新婦はその点をわきまえ、静かに席を立ち、会場出口で向きを変えて、招待客に一礼してから退出しましょう。

8、祝辞と余興
食事のころあいを見て、来賓からの祝辞や余興を始めます。新郎新婦がお色直しに立っている場合は、席にもどってから始めるのがマナー。祝辞や余興は、新郎新婦を祝福するために、来賓が一生懸命考えてきたものです。時間の都合があっても、新郎新婦が席をはずしているときにすすめるのは、来賓に対して失礼です。

9、ケーキ入刀
新郎新婦がウエディングケーキにナイフを入れます。新婦がナイフを持ち、新郎が上から手を添えて入刀します。ケーキ入刀には「おもてなし」の意味があり、披露宴前半のハイライトシーンです。写真を撮る人が多いので、新郎新婦は笑顔で応えましょう。

10、お色直し
祝辞や余興のきりがよいところで、新郎新婦はお色直しに入ります。静かに席を立ち、会場出口で招待客に一礼しましょう。2人の不在中は、特になにも行わず、食事を楽しんでもらうことが多いようですが、生演奏を楽しむ趣向なども喜ばれます。ただし、あまり長く招待客を待たせるのは失礼。着替えはできるだけ素早くすませ、遅くても20分以内には席にもどります。

披露宴の流れ 主賓祝辞まで

披露宴の流れ 主賓祝辞まで
1、列席者入場
新郎新婦を中心に、媒酌人夫妻と両親が会場入り口に並び、招待客を迎えます。にこやかに礼儀正しくあいさつを。新郎新婦は一人ひとりの目を見て、ていねいに黙礼をするだけでかまいません。むやみに会釈するのはかえって見苦しいものです。

2、新郎新婦入場
招待客が全員着席し、会場が落ち着いたら、いよいよ新郎新婦の入場です。会場の扉が開き、媒酌人、新郎、新婦、媒酌人夫人の順に入場。ウエディングマーチが流れるなか、メインテーブルへとゆっくり進みます。会場内の人は拍手と笑顔でこれを迎えます。

3、開宴の辞
新郎新婦、媒酌人夫妻が着席し、場内の拍手が鳴り止んだら、司会者が簡単な自己紹介を述べた後、開宴の辞を述べます。

4、媒酌人挨拶
媒酌人夫妻は、司会者に紹介されたら起立して一礼し、挙式がとどこおりなくすんだことを招待客に報告します。続いて新郎新婦の生い立ちや、2人が結婚に至るまでの経緯などを述べます。この間、新郎新婦と両親は起立して聞きます。

5、主賓祝辞
新郎側の主賓、新婦側の主賓の順に、お祝いの言葉があります。新郎新婦、媒酌人、両親は、主賓から着席を促されないかぎり、起立して聞くのがマナーです。祝辞が終わったら、一同感謝の意を込めて黙礼します。

結婚式での親族紹介と記念撮影

結婚式での親族紹介と記念撮影
親族紹介は一般に、神前結婚式では神殿で、その他のスタイルでは式の前に控え室で行います。紹介役は、媒酌人か親族の代表者がつとめます。親族の代表は、新郎新婦それぞれの父親が適任ですが、別の人を代表に立ててもかまいません。

媒酌人がお祝いの言葉とあいさつを述べたら、新郎側の代表者が血縁関係の近い順に親族を一人づつ紹介していきます。新郎側が終わったら、新婦側も同様に紹介していきます。紹介は手短に、名前と新郎新婦との続柄を述べるだけにとどめます。身内を紹介するときは「新郎の祖父にあたります○○です」というように、目上の人でも敬称は省きます。紹介された人は「よろしくお願いします」と軽く会釈をします。

式が終わったら、披露宴に移ります。その前に新郎新婦と式に列席した親族全員で記念撮影が行われます。新郎新婦2人だけの撮影は、その後に行われるか、または挙式の前の着付けが終わった段階で行われます。

カメラマンのチェックもありますが、自分でも髪や衣服の乱れに注意します。自然な表情を心がけて。列席者がそろわないと記念撮影が行えず、その後に控えている披露宴の開始が遅れてしまいます。式が終わったら、列席者はすみやかに写真室へと移動しましょう。新郎新婦にとっては一生の記念になる写真ですから、遠慮せずに参加したいものです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。