弔問の装いカテゴリの記事一覧

弔問の装い 女性の場合

弔問の装い 女性の場合
通夜の装い
洋装なら、地味なワンピースやスーツ、アンサンブルが一般的です。色合いが地味でも、デザインが派手だったり、光沢のある素材は避けます。ストッキングは黒が一般的ですが、肌色でもかまいません。靴やバッグもなるべく地味なものでまとめます。アクセサリー類は、つけないのが基本ですが、真珠のネックレス程度は、かまいません。和装なら、地味な色無地に黒い帯を合わせます。

葬儀の装い
準礼装の黒のフォーマルドレスか、略礼装の地味なスーツやワンピースです。靴や小物は通夜の場合と同じです。和装なら、通夜の場合と同様にします。和装の正喪服を、会葬者が着ることはまずありません。

不幸を後で知ったときは?
喪家の手違いで訃報が届かなかったり、連絡が来たとき不在だったために、通夜や葬儀に出席できなかった、という場合には、不幸を知った時点ですぐに喪家に電話をし、お悔やみを述べます。お悔やみの手紙を出すのもよいでしょう。

そしてできるだけ早く、喪家を弔問します。弔問の際には、弔問が遅れた言い訳などはせずに、手短に非礼を詫びるだけにとどめます。そして、遺族の許可を得てから、仏壇のお参りさせてもらいましょう。その際には香典を持参しますが、時期が遅いときは、すでに香典返しがすんでいるかもしれません。その場合は、中袋に、お返しの心配は無用である旨を書いておくとよいでしょう。


弔問の装い 男性の場合

弔問の装い 男性の場合
死亡直後に急いで弔問しなくてはならないときは、喪服を着用せず、普通の服装のままでかけつけます。職場で訃報を聞き、通夜に駆けつけるというときには、きちんとした服装であれば、失礼になりません。ただし、派手なカラーシャツやネクタイのままで行くと、場違いな印象を与えてしまうこともあるので、配慮したいものです。

できれば急な場合に備えて、日ごろから職場のロッカーには、地味な服をひとそろえ置いておくようにしたいものです。葬儀では、会葬者は喪服ではなく、地味なスーツなどでかまいませんが、故人への弔意を表して、喪服を着用することが多いようです。

男性なら、ブラックスーツに黒いネクタイという準礼装が最も一般的です。ネクタイが黒ならば略礼装のダークスーツでもよいでしょう。女性は準礼装の黒のフォーマルウエアや略礼服の地味なワンピース、もしくはスーツを着用します。

弔問する側が喪服を着用する場合でも、格の高い正喪服は避けたほうがよいでしょう。装いは、どの宗旨でも共通です。子供は制服がよいでしょう。

通夜の装い
基本的には、濃紺やダークグレーなどの地味なダークスーツか準礼装のブラックスーツを着用します。シャツは白無地で、光沢のあるものは避けます。ネクタイは地味なものに。急な通夜で、着替える余裕がないときには、職場の服装のままでも、きちんとした服装ならよいでしょう。

葬儀・告別式の装い
準礼装のブラックスーツか、ダークスーツを着用します。シャツやネクタイは地味なものにします。和装なら本来、喪に服している遺族側の人が着るものです。最近では会葬者も、弔意を表して着用することが増えていますが、必ず着なくてはいけないというものではありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。