仏壇と位牌

仏壇と位牌
仏壇は本尊を安置し、故人の位牌を置いて、亡くなった人を偲ぶものです。仏壇には「塗り仏壇」と「唐木仏壇」があります。塗り仏壇は、杉や松などに漆を塗って、箔押し仕上げをしたものです。唐木仏壇は、紫檀、黒檀などを用いたシンプルなものです。

仏壇の中に祀る本尊や仏具は、宗派によって異なります。檀那寺の僧侶に確認しましょう。新しく仏壇を購入したときには、僧侶をよび、開眼供養を営みます。仏壇と神棚を向かい合わせに置くのは好ましくないとされます。仏壇を拝むときは神棚に、神棚に向かうときは仏壇にお尻を向けることになるからです。

仏壇の保護を考えると、直射日光を避け風通しのよい場所に置くのがよいでしょう。住宅事情に合わせた新しい仏壇も販売されています。

位牌は表に戒名、裏に俗名、死亡年月日などを書き、死者の霊を祀るものです。葬儀のときに使用した白木の位牌は、49日の忌明けまで、後飾りの祭壇に安置します。忌明け後または納骨のときに白木の位牌を檀那寺に納め、代わりに塗り本位牌を仏壇に納めます。

本位牌は33回忌(あるいは50回忌)をもって弔い上げとし、その後は先祖代々の位牌に合祀されるのが普通です。

浄土真宗では原則として位牌は用いません。「法名軸」を掛けたり、「過去帳」を仏壇に置きます。

墓参りのしかた

墓参りのしかた
昔から春と秋のお彼岸やお盆、年忌法要などには、お墓参りをするならわしがあります。祥月命日(毎年の命日)や月忌(がっき、毎月の命日)にすることもあります。

とくにそういった日にかぎらなくとも、故人の誕生日や結婚記念日などの思い出の日、子供の入学、就職など、故人になにかと報告したいときに墓を訪れるのもいいでしょう。

墓参りでは、まず墓とその周辺をきれいに掃除し、墓前に参ります。墓の周辺のごみや落ち葉を取り除き、雑草を引き抜きます。墓石にひしゃくで水をかけ、たわしでよくこすって泥やコケなどを落とします。朽ちた花や線香の灰が残っていたら、これもきれいにします。

掃除を終えたら、花立てに新しい生花を供えます。線香は束のままで火をつけ、線香立てに立てます。最後にお参りした人全員で、一人ひとり、ひしゃくで水をくみ、墓石の上に注ぎ、合掌します。故人が生前お酒を好んだ場合は、墓の周囲にお酒を注いでもいいでしょう。

墓参りには、生花、線香、ろうそく、供物のほか、ほうきやちりとり・タワシなどの掃除道具、手桶、ひしゃくが必要です。花バサミも持っていくと役に立ちます。掃除道具や手桶、ひしゃくは、墓地の管理事務所に行けばたいてい貸してもらえますし、生花や線香なども、近くの花屋で買うことができます。

帰り際には、花や供物を包んでいた紙などのゴミを、忘れずに決められた場所に捨てましょう。供物もそのまま置いておくとカラスや犬、猫に食い散らかされるので、必ず持ち帰ります。

マナー事典 お盆のマナー
冠婚葬祭マナー事典

神道・キリスト教の追悼儀礼

神道・キリスト教の追悼儀礼
神道では霊前祭と祖霊祭を営みます。霊前祭はまず葬儀の翌日に「翌日祭」を行います。以降亡くなった日から10日ごとに10日祭、20日祭・・・・と50日祭まで行います。50日祭が、忌明けとなる大切な祭儀です。100日目には百日祭、1年目には1年祭を行います。祖霊祭は3年祭、5年祭、10年祭と営み、以後10年ごとに50年祭まで行います。

式では斎主が祭詞を奉上し、遺族・参列者が玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行うのが一般的です。葬儀のときと同様に、神社では行わず、墓前や自宅などで行うことが一般的です。

カトリックの場合
とくに決まりはありませんが、月の命日や、年の命日などに命日祭を行うことがあります。

プロテスタントの場合
とくに決まりはありませんが、一般的には、死後1ケ月や1年目の命日などに記念祭を行います。神職へのお礼は「御祭祀料(おさいしりょう)」とします。神父・牧師へのお礼の表書きは「御礼」とします。そのほかに教会へ献金します。

「偲ぶ会」「思い出を語る会」など、特定の宗教や宗旨にこだわらないオリジナルの追悼会も増えています。関係者を招いて会食するだけでもかまいませんが、人数が多い場合や、しまりのない無目的な会になちがちです。式場内に故人の写真や趣味の作品を展示したり、式次第に工夫をしてみましょう。



倒産速報 借金に正面から立ち向かえ

法要の進め方

法要の進め方
仏教では「中陰(ちゅういん)の7仏事」といって、死後7日ごとに法要を営み死者を弔います。その最終回が77日にあたる49日です。昔はここまでが葬式とされました。

49日、もしくは57日の35日には、故人の友人や知人を招いて忌明けの法要を営みます。その後には百か日、1周忌、3回忌(2年目の命日)、7回忌、13回忌・・・・と営みます。このなかで、とくに3回忌までの法要が重要とされます。

法要の日程は、当日に近い、参列者の都合がつきやすい日にしましょう。場所は自宅のほか檀那寺、斎場やホテルなどを利用します。日程と場所を決めたら、法要に招く人には1ケ月ぐらい前に電話や手紙で案内をします。僧侶に法要を営んでもらった後には、僧侶と参列者全員で「お斎(とき)」と呼ばれる会食をします。

法要では僧侶にお布施を渡します。白い無地の封筒に入れ、表書きは「御布施」とします。式場が檀那寺以外の場所のときには「御車代」を、僧侶がお斎を辞退した場合は「御膳代」を包みます。参列者には返礼品を渡します。

遺族は3回忌までは喪服を着用します。3回忌以降の法要には、きちんとした平服がよいでしょう。13回忌などに喪服を着用するのは、おかしいものです。

マナー事典 法要のマナー
冠婚葬祭マナー事典

追悼の会・偲ぶ会

追悼の会・偲ぶ会
葬儀を無宗教で行った場合は、決まった法要の形式はありません。ただ、追悼の会として「偲ぶ会」を催すことはよくあります。偲ぶ会にも、現金を持参します。その場合の表書きは「御仏前」など特定の宗教のものは避け「御香料」「志」などにします。会費制の場合は、会費以外に現金を包む必要はありません。偲ぶ会の通知状に「平服のままで」とあったときには、遺族の気持ちに応え、黒の礼服を着用しないようにします。

葬儀は悲しみを乗り越えるための儀式
深い愛情で結ばれていた人を失ったとき、人は次のようなプロセスをへて死を受け入れていくといわれています。
@ショック:死に直面して、まず衝撃を受ける。
A否認:「まだ生きているに違いない」と死を否認する。
Bパニックや怒り:自分を制御できなくなってパニックに陥ったり、理不尽な運命への怒りをおぼえる。
C抑うつと精神的混乱:うつ状態になって引きこもったり、なにをしたらよいかわからなくなる。
D死の受容:死の事実を受け入れ、悲しみから立ち上がろうとする。

愛するものを失うことは、人に喪失感と深い悲しみをもたらします。これは愛すればこその当然の心理です。この悲しみに向き合うプロセスをグリーフワーク(=悲しみの作業)といいます。

法要の金額は?

法要の金額は?
仏教では死後7日ごとに7回、故人の冥福を祈る供養をします。これを法要、または法事といいます。法要は、身内だけで執り行うケースが多いですが、35日または49日には、友人・知人を招いて忌明けの法要を営みます。百か日法要のあとは1周忌、3回忌、7回忌などに年忌法要を営みます。神式やキリスト教にもそれぞれ追悼儀式があります。

法要は、通夜や葬儀とは違い、招待を受けて参列するものです。招待されたらできるだけ出席したいものです。招く側は、参列者の人数をもとに、準備をすすめます。招待状が届いたら、なるべく早く返事をしましょう。招待されたのに法要に出られないときは、すぐに返事を出して欠席をわびます。

欠席の返事のほかに、お香を送ったりするのもよいでしょう。親しい仲なら、法要の日の前後に仏壇にお参りさせてもらうという方法もあります。法要には、供物もしくは現金を持参します。最近では、現金が一般的です。包みは1周忌までは黒白(関西では黄白)の水引、3回忌意向は青白の水引がかかった不祝儀袋、または白封筒を用います。表書きは「御仏前」や「御香料」「志」が適当です。金額は1万円程度を包むことが多いようですが、故人との関係によって考えましょう。香典の半額が目安とされています。

法要には、喪服を着ていく必要はありません。遺族も、1周忌または3周忌を過ぎると喪服を着用しません。

マナー事典 香典袋のマナー
冠婚葬祭マナー事典

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。