臓器の提供・献体

臓器の提供・献体
死後、自分のからだをほかの人の健康や、医学の研究に役立ててほしいと考えている人もいるでしょう。臓器の提供や献体のためには、生前に本人がその意思を表明することが必要です。

脳死、心臓病での臓器提供
脳死では、心臓、肝臓、肺、腎臓、すい臓など、心臓死でじゃ腎臓、膵臓、角膜、鼓膜などを提供できます。希望者は地元のアイバンクや腎臓バンクに登録するか、意思表示カードに記入して携帯します。1枚の意思表示カードで、各臓器の提供の意思を表明できます。

献体の場合
献体を希望する人は、白菊会などの篤志家団体や近くの医科大学、歯科大学に、生前に家族の同意を得て申し込みます。本人が死亡したら、遺族は登録をしてある大学に連絡します。遺体は葬儀・告別式をすませた後、死後48時間以内を目安に大学に運ばれ、医・歯学生の解剖実習のために用いられます。その後は、大学の責任で火葬に付され、遺骨は遺族の元に戻されます。なお、遺骨が遺族に返されるまでには通常1〜2年かかります。

尊厳死
「いたずらに死期を引き伸ばすための延命措置を行わないで、人間としての尊厳を保ったまま、死を迎えたい」という「尊厳死」の意思を医師に表明し、同意を得ておくことができます。
| 臨終

病院で死亡したら

病院で死亡したら
医師から死亡を告げられたら、まず、その場に居合わせた人全員で末期の水をとります。その後清拭(死後処理)、着替えは病院が行ってくれます。着せたい服があるなら用意しておきましょう。遺族も希望すれば立ち会ったり、手伝いをすることができます。遺体の処置が終わったら、霊安室に移動して見守ります。

霊安室は、遺体を搬送する手配が整うまでの仮の安置所です。霊安室での遺体の保管期間は、搬送等の準備が整うまでのほぼ半日を目安と考えましょう。遺体の搬出に先立って、遺族は病院関係者へあいさつや手続きをすませたり、葬祭業者の手配をします。

遺体を搬送する寝台車(バン型霊柩車)は、葬祭業者が用意してくれます。ストレッチャーで遺体を車内に移動し、自宅もしくは斎場に運びます。遺体を搬送する車は、ストレッチャーが入る大きさなら、自家用車でも問題ありません。その場合、犯罪の嫌疑がかからにように、必ず、医師の死亡診断書を携帯しましょう。深夜の場合、手続きは改めて午前中に行うことがあります。病院に確認しましょう。

法律では、死後24時間以内の遺体の火葬は禁じられていますが、死因が法定伝染病の場合は例外となります。法定伝染病とは、コレラや腸チフス、赤痢、パラチフス、しょうこう熱、ジフテリア、ペスト、日本脳炎などを指します。法定伝染病で死亡した人の遺体は、病院の霊安室に安置し、許可証を得てすぐに火葬に付されます。遺体を移動することは、感染を広げるおそれがあるのでしません。葬儀や告別式は、火葬して遺骨にした後で行うことになります。
| 臨終

死亡直後にすること

死亡直後にすること
人が死に瀕したときや、死の直後には、その場に立ち会った人で故人の口に水を捧げます。これを末期の水といい「死水(しにみず)」ともいいます。まず、新しい筆か、割り箸の先に白い布をくるんだ脱脂綿を巻きつけたものを茶碗の水に浸します。新しいガーゼで代用してもかまいません。そしてそれを使って、その場に居合わせた人全員で、順に故人の唇を潤していきます。

地域によっては、水を入れた茶碗にしきみの葉や鳥の羽を浮かべて、それで故人の唇を潤したり、「臨終の鉦(かね)」といって故人の枕元で鉦を鳴らすこともあります。医師が死亡を宣言したら、遺体を消毒し、整えます。これを清拭(せいしき)あるいは死後処置といいます。

清拭のやり方
顔や首、手、足をアルコールで浸した脱脂綿で拭きます。また口、鼻、耳、肛門には、体液がもれないように脱脂綿を詰めたり、おむつをしてあげましょう。

死後処置のやり方
目や口は閉じます。後から硬直が進むと口が開くので、下あごを下から強く押さえ、場合によっては口を糸で縫ったりして閉じ、ひもで持ち上げることもあります。男性ならヒゲをそり、女性は薄く化粧を実施します。髪を整え、つめを切りましょう。衣類はきれいなものに着替えさせます。

病院で臨終を迎えることがほとんどですから、清拭はふつう医師や看護師がしてくれます。自宅で亡くなった場合は、訪問看護師または葬祭業者に依頼できます。
| 臨終

危篤のときの連絡

危篤のときの連絡
医師から危篤を告げられたら、最後のお別れをさせたい人に連絡をします。まずその場にいない家族や親族に伝えます。とくに遠方にいる人には、早めに知らせます。親戚はどの程度まで連絡すればよいか迷うところですが、2〜3親等以内を一応の目安と考えましょう。遠い親戚でも、ふだんから親しくつきあっていれば知らせます。そのほか本人と親しくしていた友人にも、連絡をとります。

危篤の連絡方法は電話が最も早く、一般的です。伝えることは次の3点です。
@危篤の人の姓名
A現在その人のいる場所(病院なら病室の番号も)
B連絡先と連絡者の氏名
手早く、簡潔に用件を伝えましょう。危篤の知らせは、連絡もれのないように注意しましょう。ふだんつきあいがない場合でも、2親等以内なら、連絡しておいたほうがよいでしょう。

危篤のときは、檀那寺にも、連絡しておきます。キリスト教徒なら所属する教会へ、神道なら氏神の神職へ連絡します。檀那寺が遠方にある場合は、準備にかかる時間を考慮して、早めに連絡をとりましょう。檀那寺が遠方で、葬儀を依頼できないときは、近くの同宗派の寺院を紹介してもらいます。

教会へはとくに早めに連絡します。牧師(神父)が臨終に立会い、祈りを捧げるからです。まだ病人に意識があるうちに、牧師(神父)を呼びましょう。

冠婚葬祭マナー事典
マナー事典 訃報に接した時のマナー
| 臨終

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。