キリスト教での通夜

キリスト教での通夜
カトリックでは通夜の祈り、プロテスタントでは前夜式を行います。もともとキリスト教には、通夜を営む習慣はありません。日本の葬儀習慣と融合して生まれました。

一般的には、聖歌(賛美歌)の斉唱や、聖書の朗読、神父または牧師の説教、会葬者による献花や焼香などで構成されます。進め方などは各教会によって異なるので、神父(牧師)の指示に従ってください。通夜の場所は、自宅や教会、斎場が使われます。

キリスト教では、ふつう、通夜ぶるまいは行われません。しかし、神父(牧師)や親しい人たちを招いて、軽食をふるまったり、お茶の会を開くことはあります。

弔問返礼の例
@故人の夫の場合
本日はお忙しいところをお越しいただきましてありがとうございます。妻は長く自宅で療養中でございましたが、昨晩遅く、眠るように亡くなりました。おだやかな最後でございました。皆様方には、生前、妻がたいへんお世話になりました。厚くお礼を申し上げます。

A故人の子供の場合
お忙しいところ、ご弔問をいただきまして、ありがとうございます。連日の雨で道路がむかるんでいたところでの事故でした。突然のことで、私どもも取り乱しております。ご無礼がございましたらお許しください。供養の席を用意いたしましたので、父を偲んでいただければ、と思います。

神式通夜のマナー

神式通夜のマナー
神道では死を「帰幽(きゆう)」といい、故人の霊(みたま)は、死ぬことによって神の許に還ってゆく、と考えられています。神道での死の考え方の特徴は、死後の世界はこの世の近くにある、と考えられている点です。故人の霊は、仏教のように遠くの浄土に行くのではなく、近くで生前と同じように生活し、遺族を見守っていくとされています。

神道では、通夜祭と遷霊祭が行われます。これらは、故人の霊は生きているのだから、家族は生前故人に仕えたのと同じように霊に奉仕するべきだ、という考えが下敷きになっています。通夜祭は、遺族や親族が遺体のそばで、生前と同じように故人に礼を尽くして手厚く奉仕する儀式です。

予定の時刻のなったら、一同は着席し、祭員(神職)が餞(せん、食べ物)を祭壇に供えます。餞には「常餞(じょうせん)」と「生餞(せいせん)」の2種類があり、常餞は故人の好物など調理済の食べ物を、生餞は、洗米や塩、酒、魚など、調理前の食べ物を指します。

続いて、斎主(式をつかさどる神職)が祭詞を奉上します。伶人(れいじん、楽師)がしのび歌(故人をしのぶ歌)を奉奏することもあります。次に玉串奉奠(たまぐしほうてん)を斎主、喪主、遺族、弔問客の順に行います。

マナー事典 お通夜のマナー
冠婚葬祭マナー事典

通夜ぶるまい・あいさつ

通夜ぶるまい・あいさつ
通夜の後、喪家が弔問客にふるまう食事や酒のことを通夜ぶるまいといいます。通夜ぶるまいは、本来は故人と親しかった人と思い出話をしながら、死者と飲食を共にし、最後の交わりをすることです。弔問客への接待も大切ですが、本来の意味を忘れないようにしましょう。

最近では、寿司屋や仕出屋に頼むことが多いようです。通夜ぶるまいでは、お酒を出します。しかし、酒宴が目的ではないのですから、お酒の量は全員に行き渡る程度で十分です。

本来、仏式の通夜ぶるまいは、肉や魚などの「生ぐさもの」を避け、精進料理を出すのがならわしでした。しかし、最近では、あまりこだわりません。事前に弔問客の人数を正確に把握できないので、弁当よりも、寿司やサンドイッチといった。気軽につまめる料理を大皿に盛って出すことが多いようです。

お酒が入るため、場所を忘れて大声で騒ぐ人が出てきます。そんな人には接待係から、さりげなく注意してもらいましょう。遺族の疲れがピーク達するころなので、通夜ぶるまいはあまり遅くならないうちに切り上げます。予定の時刻になったら、通夜ぶるまいを終える旨を接待係から伝えてもらいます。

弔問の返礼
通夜の間にお悔やみの言葉をいただきたときには、簡潔にお礼の言葉を返します。香典や供物に対しては、「ありがとうございます」という言葉を使ってはいけないと言う人がいますが、とくに根拠はありません。素直にお礼してよいでしょう。

マナー事典 弔辞のマナー
冠婚葬祭マナー事典

通夜ぶるまいのマナー

通夜ぶるまいのマナー
弔問客が焼香するときに、喪主と遺族は黙礼します。しかし、感謝の気持ちを持つことが大切なので、いちいち礼を返す必要はありません。

通夜ぶるまいをする場合には、弔問を早く終えた人から順番に席に、接待係が誘導します。喪主は、すべての人が焼香を終了した後で、通夜ぶるまいの席に顔を出し、弔問をいただいたことへのお礼と、生前に故人がお世話になったことに対してお礼を述べます。

通夜ぶるまいの席は、弔問客すべてを案内するか、あるいは親しい人だけが残って行うのか、事前に方針を決めておきましょう。故人と親しい人たちと、心よくまで思い出話をしたいときには、あらかじめ、残ってほしい人に案内しておきます。

地域によっては、お菓子を包み、お酒と砂糖のセットなどを弔問客に手渡して、通夜ぶるまいに代えるところもあります。通夜ぶるまいに弔問客をすべて案内するときには、すぐ帰る人だけお酒などのセットを手渡します。

故人の親しい友人や、親族などとの思い出話は、なかなか終わらないことがありますが、看病疲れなどもあるので、時間の目安をあらかじめ決めて切り上げて、翌日の葬儀に備えて早く休みましょう。何人かは遺体のそばにいて、香を絶やさぬよう、交代で番をします。精神的にも疲れますので、若い人にお願いするとよいでしょう。

マナー事典 通夜ぶるまいのマナー
冠婚葬祭マナー事典

通夜のマナー

通夜のマナー
参列者が着席し、場内が落ち着いたら、僧侶が入場します。僧侶の読経の後で焼香をします。僧侶の読経は一般的に30〜40分続くので、その最中は私語を控え、静かに聞き入ります。通常、僧侶には、焼香後に法話をしていただきます。内容は通夜当日までの打ち合わせの席か、通夜の前に控え室で、打ち合わせをしておきましょう。

読経の終了後、あるいは読経の途中の僧侶の合図により、焼香が始まります。司会者の指示に従いましょう。焼香の順番は、基本的には席次と同じく、喪主から始めて遺族、親族、式場内にいる参列者、一般弔問客と続くのが一般的です。

焼香・法話が終わったら、僧侶は退出します。係が僧侶を控え室に案内し、茶菓やおしぼりを出して休憩してもらいます。その後、喪主が控え室にお礼のあいさつに出向き、通夜ぶるまいの席に案内します。

喪主は、故人を弔うことに専念します。お悔やみの言葉をいただいたら、簡潔に「生前は故人がお世話になりました。故人に代わりましてお礼申し上げます」などと返礼します。だれに対しても平等に接することをこころがけましょう。

喪主をはじめて経験する人は、あわただしいムードに浮き足立って、「なにかやらなければ」という気持ちから、細かい仕事まで自分でやろうとしがちです。しかし喪主は遺族の代表です。細かな仕事は、業者や手伝いの人にまかせて、故人を弔うことに心を砕き、弔問客に感謝の思いを表すことが仕事と心得ましょう。

マナー事典 通夜・葬儀のマナー
冠婚葬祭マナー事典

仏式通夜の流れ

仏式通夜の流れ
弔問客の受付は、通夜の始まる30分くらい前から開始します。早めに来た弔問客には、式場か、控え室があるなら控え室に通して、待ってもらいます。このとき遺族が挨拶に出る必要はありません。

喪主と遺族は、通夜の始まる15分くらい前には席に着き、弔問客を迎える体制を整えます。席次は、部屋の構造によってさまざまな決め方がありますが、基本的には、柩に向かって右側に遺族が座るようにします。喪主が柩に最も近いところにすわり、以下、遺族、親族というように、故人と関係の深い順に座るのが一般的です。

柩に向かって左側には、参列者がすわります。前中央から左の順に、関係の深い順にすわり、そのほかの人は外で待機します。遠くに住む親族の中には、時間に間に合わない人もいるでしょう。遅れることがわかっているならば、席を確保しておきましょう。式場が狭い場合には、席に着いてもらう人をあらかじめ決めておき、それ以外の人には外で待機してもらいます。

駐車場を確保する
弔問客のなかには、自動車で来る人もいます。自宅の近隣で、通夜の時間帯でも利用できる駐車場を前もって手配しておきます。

近くに駐車場がない場合には、道路を利用して路上駐車をしてもらいます。警察に届け出て許可を得るとともに、近所の人の了解を得るようにしましょう。

身内だけの仮通夜

身内だけの仮通夜
昔の通夜は、遺族や故人とごく親しかった人が集い、夜を徹して遺体に付き添うものでした。通夜には、家族の死に直面して、その事実を受け入れることが困難な遺族が、故人と最後の時間を共にし、皆で故人について語り合うことで、故人を失ったことを受け入れようとする役割がありました。

今日の通夜は、一般の弔問客を招くオープンなものとなり、時間も夏は夜7時、冬は夜6時ぐらいから1〜2時間営むのがふつうです。このようなスタイルの通夜が普及した理由には、弔問客側の事情があります。弔問客にとっては、仕事を休まなければならない日中の葬儀・告別式に行くよりも、通常どおり業務を終えてから行ける通夜のほうが都合がよいというわけです。

こうした通夜は「夜間告別式」のような性格になっています。弔問客の事情も考慮したい、しかし身内だけで故人を懐かしむ時間もほしいという場合には、通夜を2回営む方法があります。死亡当日の夜に身内だけの通夜、翌日の夜に弔問客を招いた通夜を行う方法です。

この場合の身内だけの通夜は、仮通夜ともよばれます。しかし本来の性格を考えると、むしろこちらが本当の通夜とよぶにふさわしいといえます。身内だけの通夜には、決まった形式はありません。服装も自由ですし、通夜ぶるまいの必要もありません。

仏式の通夜マナー

仏式の通夜
寺院との打ち合わせは、通夜までに遺族が直接行います。まず寺院の都合を確認します。それに従って、通夜と葬儀の日程を決めるようにします。戒名も、死亡し後すぐに檀那寺に依頼し、通夜までに授かるようにしておきます。

打ち合わせでは、式場まで、僧侶がどんな交通手段を用いるか、忘れずに確認しておきましょう。車で来る場合は、駐車スペースは必要になります。

通夜当日には、僧侶が着替えたり、通夜が始まるまでの時間を過ごすために、控え室を用意しておきます。僧侶は、通夜の1時間ぐらい前に到着します。着いたら控え室に案内し、茶菓でもてなします。喪主はすぐに控え室に出向いてあいさつをします。葬祭業者の担当者も交えて、通夜の段取りについて最終的な確認をします。

その後通夜までの時間を利用して、白木の位牌に戒名を入れてもらいます。部屋数が少なく、僧侶の控え室のために1室取れないときは、遺族の控え室に間仕切りをして、スペースをつくってもかまいません。また、僧侶に遠方から足を運んでもらう場合は、ホテルなど宿泊施設の確保も必要です。

僧侶には、わざわざ足を運んでもらったお礼として、お布施とは別に「御車代」を包みます。ほかにも僧侶が食事を辞退したり、食事を用意しなかった場合には、「御膳料」を包みます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。