精進落としのマナー

精進落としのマナー
宴席では遺族jは末席に座る。葬儀後の宴席を精進落とし、またはお斎(おとき)といいます。 還骨法要の後に設けることが多いようです。精進落としは本来49日後ですが、葬儀でお世話になった人に感謝することを兼ねて、葬儀と同日に行います。上座には僧侶や知人、友人、お手伝いしてくれた人が座り、遺族は末席に座ります。

喪主は、葬儀が無事終了したことをに対するお礼の言葉を述べ、僧侶に献杯の音頭をとってもらいます。関係者が集まるので、法要や納骨の日程や内容について相談するよい機会です、遠方の人もいるので、1時間程度で終えることが多いです。

精進落としの由来
精進落としは、49日まで肉食を断って、菜食して喪に服していたのを、忌明けのときに終えることを意味していました。近年では、初7日法要の後に行われるようになっています。なお、葬儀直後の宴席は忌中払い、お斎、直会(なおえ、神道)などとも呼ばれます。

留守番と香典の管理
自宅で葬儀を行った場合は、遺族が火葬場に行っている間、だれか留守番が残って香典の管理する必要があります。葬祭業者の係員も、後かたづけと遺骨を迎える準備のために自宅に残りますが、香典は預かってくれません。後でトラブルに巻き込まれては困るからです。

斎場でも、金銭の管理は基本的に拒否されます。ただし、備え付けの金庫があれば、それを利用することができます。場合によっては、とりあえず銀行などに預けてしまうのも一つの方法です。

マナー事典 火葬場のマナー
冠婚葬祭マナー事典

火葬が終わってからのマナー

火葬が終わってからのマナー
火葬場から帰った人は、死の穢れを家に持ち込まないように、家に入る前に身を清める風習(清め)があります。家で留守番をしていた人が、水を入れた桶とタオル、小皿に盛った塩を玄関先に用意しておきます。帰ってきた人の両手にひしゃくで汲んだ水をそそぎ、塩を肩や腕、足元などにかけます。なお、浄土真宗では清めはしません。

神式では
家に入る前に神職が祓除の儀を行います。

キリスト教式では
清めはしません。

塩は会葬礼状にセットされているものを使うケースが多くなっています。また、死を「穢れ」とするのはおかしい、と浄土真宗以外の仏教でも清めをしないケースが増えてきています。

火葬場から自宅に持ち帰った遺骨と位牌、遺影は後飾り壇に安置します。後飾りとは、香炉や燭台、花立てなどを置いた小さな祭壇のことで、忌明けの49日まで飾ります。遺族が火葬場に行って留守にしている間に葬儀業者の係員が設置します。

遺骨の後飾り壇に安置したら、還骨法要(宗派でよび方は異なる)を行います。 還骨法要に続けて。初7日の法要を営むのが一般的です。本来初7日の法要は、亡くなった日を含めて7日目に行われます。しかし遠方からの人に配慮して、繰り上げて行うことが一般的です。

神式では
霊前に葬儀が滞りなく終了したことを告げる、帰家祭を行います。

キリスト教式では
還骨法要にあたる儀式はありません。

北海道では49日、百か日も合わせて営む「くりあげ法要」が営まれることがあります。

火葬場での拾骨マナー

火葬場での拾骨マナー
火葬が終わったら、遺骨を台から骨壷に収めます。これを拾骨(しゅうこつ)をいい、収骨、骨あげともいいます。

箸を使い、喪主から順番に、一片の骨を2人一組で持ち、運びます。箸を使うのは、故人とあの世へ橋(箸)渡しをするという意味からです。拾骨の際、竹と木の箸で、一人づつ拾う地域があります。また、関東では全ての骨、関西ではのど仏中心の骨など、拾う骨の量が異なるため、骨壷の大きさが異なります。たとえば関西で全ての骨を拾いたいならば、あらかじめ業者に大きな骨壷を用意してもらう必要があります。

かつては「火葬場からの帰路は往路と違う道にする」ともいわれたこともありましたが、気にする必要はありません。

分骨したい場合
遺骨を自宅近くのお墓と故郷のお墓など、複数のお墓に納めたいとき、遺骨の一部を取り分けることがあります。これを分骨といいます。分骨容器は、前もって業者に依頼しておけば手配してくれます。火葬場あkら分骨容器の数だけ、火葬証明書をもらうことが必要です。

火葬場の人に心づけは?
心づけを渡す渡さないは自由です。しかし、心づけを渡す場合の目安はおおよそ次のとおりです。
霊柩車、マイクロバスの運転手で3,000円、火葬場の係員が3,000円〜1万円、火葬場の控え室の係員が3,000円程度です。ただし、公営の火葬場では、心づけを受け取ることを、職員に禁止しています。

火葬のマナー

火葬のマナー
柩を載せた霊柩車を先頭に、車に分乗して火葬場に向かいます。車両の手配は葬祭業者がしてくれます。霊柩車とハイヤー(タクシー)、マイクロバスの3台がふつうです。霊柩車には喪主が位牌を持って乗り、ハイヤーには、僧侶と遺影を持った遺族が乗り、マイクロバスにはその他の遺族・親族が乗ります。

遺族・親族以外で火葬場へ同行してほしい人には、当日早めに相手の都合を聞きます。車両を手配するので、火葬場へ同行する人数は、葬儀の前までに決め、業者の係員に伝えます。火葬場へは忘れずに、火葬許可証を携行します。火葬許可証がないと、遺体を火葬することはできません。

火葬場につくと、火葬場の係員によって、柩が炉の前に運ばれます。皆が揃ったことを確認してから、柩は炉の中に収められます。柩が炉の中に収められたら、炉の前に設置された焼香台で、喪主から順に全員で焼香します。その際に、僧侶が同行していれば、読経も行われます。

火葬にかかる時間は火葬場によって異なります。短いところでは40分、長いところで2時間くらいです。その間、控え室で待つことになります。隣室の他の家族の迷惑にならによう、静かに待機しましょう。

神式の場合
柩を炉に入れる前後に「火葬祭」を行います。斎主が祭詞を奏上し、遺族や友人たちが順に玉串奉奠(たまぐしほうてん)をします。

キリスト教式の場合
火葬に先立って、牧師または神父が祈りを捧げ、聖書の朗読などを行います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。