先祖の霊を迎える お盆について

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。先祖の霊を迎える お盆について
●いわれ
お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したもので、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式で、お正月と同じく重要な行事の一つとされています。先祖の霊があの世から戻ってきて、また、天に帰っていくという日本古来の信仰と、仏教の行事が結びついたものです。


盂蘭盆会:釈迦の弟子であった目連が死んで地獄に落ちた母を、釈迦の教えによって僧侶に食べ物を施し、供養する事によって救う事ができたという言い伝えによるものです。つまり地獄におちて苦しんでいる霊を救うために供養を営むことです。

●期間
一般的に8月13日から16日までを「盆」といいます。お盆の期間は地方によってさまざまですが、7月1日を盆の始まりとする、7月全体を盆の月とする地域などさまざまです。東京などでは7月15日を中心に行うのに対して、農村地区では農作業の関係上8月15日を中心に行われます。また、13日の最初の日を「迎え盆(お盆の入り)」、16日の最後の日を「送り盆(お盆の明け)」といいます。

●準備
一般的に、お盆を迎える準備として仏壇、仏具を清めておきます。そして、お盆の入りには精霊棚(しょうりょうだな)が作られます。

8月13日:夜に迎え火をして祖霊を迎えます。
8月14日:仏壇にお供え物をして迎え入れた祖霊の供養をします。
8月15日:同上。
8月16日:精霊送りの送り火をして送り出します。


この送り火は各地域で共同で行われる例も少なくなく、各地の精霊流しや、京都の有名な「大文字送り火」も大がかりな送り火の一つです。

また、精霊棚に供えるものできゅうりで作った馬となすびで作ったうしがありますが、これは先祖の霊が馬に乗って一刻も早くこの世に帰り、戻る時はうしに乗ってゆっくりと戻っていただこうという願いがこめられているそうです。

最近では、住宅事情もあり精霊棚もおかない家庭も多くありますが、問題ありません。仏壇に飾りを供えたり引き出しの上に並べているところもあります。また、浄土真宗では死者はすべて極楽浄土に往生していると考えるため精霊棚はつくりません。

子どもたちが主役。夏の終わりの地蔵盆

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。子どもたちが主役。夏の終わりの地蔵盆
長い夏休みも終わりにさしかかった頃に、最大で最後のイベント「地蔵盆」が各地域で行われます。みなさんは、この「地蔵盆」についてご存知ですか?私が住む阪神間でもこの時期になると、近所にまつっているお地蔵さんがおしゃれに着飾ってもらっています。

地蔵盆は京都生まれで、近畿地方の行事として古くから行われてきました。また、北陸地方や新潟、信州では長野市周辺で盛んに行われていますが、東海や関東には、ほとんどないそうです。

今回は、近畿地方を中心とした慣わしである地蔵盆についてお話いたします。


地蔵盆の言われ
地蔵盆とは、子どもの守り佛として古くから信仰されていました。お地蔵さんは民間の信仰の神様でしたが、仏教に属する地蔵菩薩であったようです。この地蔵菩薩はお釈迦様が入滅してから未来仏の弥勒菩薩がこの世に現れるまで、人間界のみにあらず地獄・飢餓・修羅・畜生・天といった六道すべてにおもむき、人々を救済しました。

平安時代以降に阿弥陀信仰と結びつき、地蔵信仰が民間に広がり、道祖神と同じように村を守る役割も果たすようになります。そして、地獄の鬼から子供を救うとして子供の守護神ともなり、現在にいたっています。

そこから全国に地蔵菩薩が広がり、それぞれの道端にも石地蔵が見られるようになったのです。しかし地蔵盆のように盛大にお祭りするところはおもに関西周辺に限られています。


関東には定着しなかった地蔵盆
地蔵盆は、なぜ関東に定着しなかったのでしょう。それは、地蔵信仰の歴史のちがいによるもののようです。京都では室町時代に地蔵盆が大流行しましたが、東京では江戸時代になって、やっとお地蔵さんが作られたのです。その上、江戸にはお稲荷さん信仰が盛んだったのです。


地蔵盆はいつ頃するの?
基本的に地蔵盆は、8月は23、24日の地蔵菩薩の縁日を中心に行われます。しかし、準備する親や地域の方たちの都合によってこの日の前後の土曜日から日曜日にかけて行われるところもあります。また最近では、子どもが少なくなり2日を1日だけに短縮される場合もあります。


子どもが主役の地蔵盆

子どもたちの無病息災を願うお地蔵さん
地蔵盆の主役は、子どもたちです。京都では、各町内ごと地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などの供物をそなえ、お菓子を食べながらゲームなどの遊び、福引きなどが行われます。

また数珠繰り(じゅずくり)や数珠回し、といって玉が大きくて長い数珠を子供達みんなで回す儀式をします。その時に大人もその輪の中に入り、自分たちも経験した思い出を胸に子どもたちと一緒に数珠を回します。

大阪では地蔵盆には地車がでたり、神戸では子どもたちがお地蔵さんめぐりをして、町内の人からお菓子を頂いたりします。(お接待と言います)また数珠繰りはしないところもあります。

私の住む地域では、各家庭の子どもの名前が入った提灯を地区の会館前に吊ってもらい、23、24日の2日間、その提灯の下で盆踊りを行います。そして子どものいる各家庭にお菓子が配られます。

こうして地蔵盆が終わると、夏休みも残り1週間ぐらいです。子どもたちにとって夏休み最大にして最後のイベントが終わります。その頃には、あんなにうるさかった蝉の声はいつのまにか聞こえなくなり、空には入道雲から秋の雲に変わりつつ、夏の終わりの寂しさだけが残ります。

特に、近畿地方の人はこの習慣を全国的なものと思っている方も多いと思いますが、違うのですね。また、住んでいる地域によっても昔ながらの習慣を受け継ぎ、いろいろ違っているようです。

子供がいない地域では、年配の方だけで、地蔵盆を開いていたところもあったそうです。しのびよる少子化問題、習慣も時代と共に変わりつつありますが、失われつつ地域社会の行事を守っていくためにもこの「地蔵盆」大切に受け継がれていってほしい習慣です。


愛妻はアイロンビーズに夢中!
企画書 作り方|書き方|フォーム

ご先祖様へのお土産はおだんご

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。ご先祖様へのお土産はおだんご

お盆に提灯として使われるほおずき。最近では本物のほうずきに電球を入れたオブジェもあります
まず、ご先祖様を迎えるのに準備する飾りには農作物から初物(はつもの)を選びます。初物というのは今年初めて食べる物のことを意味します。例えば、「初ガツオ」といって今年最初のカツオを食べることを縁起がよいとしたり、鮎が解禁になった時に初物、初物といってありがたがりますね。

飾りに使うのは、農作物以外に花やほおずきなどです。ほおずきは提灯(ちょうちん)の代わりとして使います。ちなみに日本ではあまり知られていませんが、メキシコなど暑い国ではほおずきは食べ物なんですよ。甘酸っぱくてカロテンが豊富なので、美容にも健康にもいい食材として最近、日本でも注目されています。ドライになっているものもあるのでぜひ、試してみてください。

次に、ご先祖様が牛に乗せて帰るといわれるお土産。これはおだんごがお土産として飾られるのが一般的です。おはぎを飾るところもあるよう。後はそれぞれのご先祖様が好きだったもの。みなさんのご先祖様は何がお好きでしたか?


迎え火飾り 材料
蓮の葉 1枚(お盆の季節になるとスーパーなどで売っています。なければ里芋の葉でも可)
ほおずき
なす
きゅうり
にんじん
ピーマン
なし
ぶどう
じゃがいも
トマト

野菜をかざる台、お皿など 1枚

以上は代表的なものです。家庭菜園をお持ちの方など、自分で作ったものをお供えしても大丈夫です。


迎え火飾りの作り方

1.蓮の葉に水をかけます。油分があるので水をはじきますので拭く必要はありません。

2.用意した野菜を順番に盛っていきます。

3.最後に提灯を意味するほおずきを乗せて出来上がり。

核家族化で、家族同士や祖父・祖母との交流が希薄になっているといわれている昨今。お盆のような日本の伝統行事を親子で一緒に用意することで、親子間の交流も図れますし、自分達のルーツについて話をする機会にもなると思います。

都会では7月にお盆をするところが多いようですが、別に8月にしても構いません。ぜひ今年のお盆は家族みんなで用意をしてみてくださいね。

お盆の迎え火の用意と作り方

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。

お盆の迎え火の用意と作り方
都心では7月13日から、地方では8月の13日からお盆が始まります。きゅうりやなすに楊枝をさした動物を作って、ご先祖様をお迎え。みなさん、子供の頃に作った記憶がありませんか?核家族化で祖父・祖母との交流が希薄になっているといわれている昨今。お盆のような日本の伝統行事を親子で一緒に用意することで、親子間の交流をしてみましょう。

そこで今回は、お盆の迎え火の用意と作り方についてご紹介します。


精霊馬(しょうりょううま)の意味

きゅうりは馬を表します。これはご先祖様が帰って来る時に乗られます
なすは牛を表します。これはご先祖さまが帰られる時にのられます

お盆はご先祖様や亡くなった人たちが、苦しむことなく成仏してくれるようにと、子孫が報恩(ほうおん)の供養をする時を指します。報恩とは恩返しのことで、仏教的には、仏様や先祖に対して恩を感じて仏事・布施などを行うことを指します。

お盆の期間にはそれぞれ意味があり、最初の日(13日)は「迎え火(むかえび)」と呼びます。「迎え火」の日は、ほおずき・花・なす・きゅうりなど、ご先祖様が家に帰ってくるための飾りを作ります。

特にきゅうりとなすに楊枝をさすものは、「精霊馬(しょうりょううま)」と呼ばれます。きゅうりは馬、なすは牛を指します。意味については諸説あります。きゅうりには行きに、なすには帰りに乗るという説や、ご先祖様はきゅうりの馬に乗って、牛に荷物を持たせるなど。

一般的には、足には割り箸を割ったものを使うとされています。ただ小さいお子さんだと割るのも大変ですし、割った面で怪我をする可能性もあるので楊枝で代用するのでいいでしょう。ぜひ、作り方を教えてあげて一緒に作ってみてくださいね。


お盆の本当の名前は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」
お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」というものです。これは日本語ではなくて、インドのサンスクリット語の音に感じをあてはめたもの。意味は「逆さ釣り」ということだそうです。その意味から「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」ということでお盆の文化が始まったといわれます。

由来となる物語には、お釈迦様の弟子の一人がある時、神通力によって亡くなったお母さんが餓鬼道(がきどう)に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知ったそうです。 そこで、どうしたらお母さんを救えるのかということをお釈迦様に相談しました。するとお釈迦様からこんなアドバイスが!

「夏の修行が終った7月15日にお坊さんたちを招いて、多くの供物をささげて供養すればお母さんを救うことが出来ると思います」

そこでこのお弟子さんがお釈迦様の言われたとおりのことをしたところ、お母さんは極楽往生したそうです。ここからお盆の中日である15日は両親やご先祖様に報恩感謝をささげ、供養をする重要な日となりました。


七五三と髪型の由来

キリスト教もお墓参りはします

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。

キリスト教もお墓参りはします

同じキリスト教でもカトリックとプロテスタントでは考え方が違います。教会によっても言われることが異なりますので、気をつけてください。

仏教でいう法要にあたる日は決められていませんが、故人の命日や神に感謝の気持ちを表したい時などにお墓参りをするとよいでしょう。

お参りの仕方
1.墓地のお掃除。
2.ユリやカーネーション・白菊など、小ぶりの白い花をお供えします。
3.両手を胸のところで合わせて心を込めて静かに合掌礼拝をする。

カトリックの場合
万霊節(オールソールズデイ)といって、毎年11月2日を「死者の日」と定め、教会に集まり死者のための特別ミサ が行われます。この日や文化の日などに墓地の掃除をして、墓前に花を捧げお参りします。

プロテスタントの場合
故人の死後、1カ月後の昇天記念日に自宅や教会で記念集会を行います。その後は、一年目、三年目、七年目の昇天記念日に教会で追悼の記念集会が開かれます。


キリスト教式では、決まった日ごとに故人をしのぶ行事を行います
毎日のお祈りは
キリスト教には、故人をまつる特別な習慣はありませんが、十字架やマリア像を飾ったり、家庭用の小さな祭壇を置く場合があります。思い出の写真を部屋に飾り、故人の好んでいた食べ物や花などを写真の前にお供えしてお祈りします。


いかがでしたでしょうか?形は違っても神式やキリスト教式のお墓参りは、仏教と同じように行なわれます。なじみのない方も多いと思いますが、覚えておくとよいでしょう。



デコメールの作り方

神式のお墓参りのマナー

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。

神式のお墓参りのマナー
一般的には花の代わりに榊(さかき)をたてること。深く一礼、一度手を打つ(柏手)、二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)。地域によって風習が違い、またそれぞれの神社で考え方や好みが違ってくるようです。墓地のお掃除。お供え・ロウソクに火をともす。

故人の好物もOK。また神道のお墓は「奥都城(おくつき)」と呼ばれています。霊祭を行う日を斎日(いみび)といい、故人の死亡した日から数えて十日ごとに行います。関西では8月15日を中心に四日間を一月遅れのお盆として迎えます。後始末はきっちりと。

お盆には農作物の初物をお供えするという習慣があり、それらの収穫時期に合わせて旧暦の8月下旬からお盆の行事を行うことも。この休みを利用して帰省する方も多いので、この時期がお盆として定着されているのでしょう。お盆の時期は、一般的に7月13日を入りとし、お盆明け16日までの四日間、行事が行われますが、地方によって時期は違ってきます。この霊祭は「式年祭」と言って、1年祭から3年祭、5年祭、10年祭、20年祭、30年祭、40年祭、50年祭、100年祭を中心にお彼岸、お盆にお墓参りをするのです。お線香はお供えしない。

お参りの仕方お墓参りには特別な作法はありません。ほとんどの会社は、8月13日からお盆休みとして夏休みになるケースが多いのですが、これが月遅れのお盆。しかし白い菊(色があまりついていない花)や故人の好きだった花でもよいと思っています。今回はお盆を迎えるにあたって、キリスト教、神道のお墓参りの仕方をお伝えします。水、洗い米、塩、お神酒をそれぞれ神具に入れてお供えするように。

出会い  結婚しない女性と結婚できない男性

盆踊り、どうやって踊ればいいの?

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。

盆踊り、どうやって踊ればいいの?
踊ったほうが楽しいけれど、なかなか勇気が出ませんね。あらかじめ連を組んで踊る場合が多いのですが、飛び入り参加も大歓迎! 盆踊りの振り付けは浴衣が基本なので、洋服よりも浴衣で踊ったほうが美しく映えます。もちろん、周囲の方も気軽に教えてくれますし、そこから交流もうまれます。あらかじめミニ講習会をしてくれるところもありますが、少々間違ってもそんなことはご愛嬌。どうやって踊ればいいの?やぐらを囲む輪踊りは、盆踊りの定番。

ポイントは足!ほとんどの盆踊りは、手の動きよりも足の動きを重視しています。気にすることはありません。この盆踊りの醍醐味を、家族揃って味わってみてはいかがでしょうか。やぐらを囲んで輪になって踊る「輪踊り」と、町中を流して踊る「流し踊り」がありますが、大概同じパターンの繰り返しなので、基本を覚えれば大丈夫です。盆踊りは眺めているだけじゃつまらない。

ぜひ袖を通してくださいね!⇒差がつく!着付けのいろは⇒みやこ結び&帯結びのコツ⇒兵児帯の結び方⇒その他の帯結びは浴衣レッスンシリーズ 躍動するリズムにのって踊る高揚感は格別です。「踊」という字も足偏ですね。浴衣がイチバン! 町を流す流し踊りは、その土地ならではの特徴があります。踊り手が決められている場合もありますが、基本的には誰でも参加できます。着ている本人も気分が出ますし、見ているほうも楽しい。

教えておばあちゃん!見ているうちに自然と覚えられますが、故郷の祭りなら、親から子へ、祖父母から孫へ伝えてあげたいですね。そこで踊りに加わるヒントです。これは、足・下半身の跳躍運動が神送りの意味をもつためで、天地の間にいる人間が地を踏むという動作には、霊を封じ込める鎮魂の意味があります。ちなみに、神迎えは手を重視した「舞」になります。飛び入り参加しやすく、踊り手の一体感も出て盛り上がります。

アスタキサンチンの効能と副作用
人気の基礎化粧品プリンセスファンデーション
ドラム式洗濯機 口コミ|比較|洗剤
コイズミのこたつは便利ですね!
通夜のマナー 冠婚葬祭|葬祭編
もったいないの精神で不用品の活用
祝儀袋の書き方と金額
GPSで浮気が発覚
あなたの借金時計は 借金返済計画
在宅介護の現状と問題点
生活習慣病と予防検診
平均貯蓄額
離婚率
心臓病の名医
白にきび 原因|治療|スキンケア
少子高齢化社会 現状|問題点|課題
ターボセル 口コミ|評判|感想
ターボセル 口コミ|評判|感想
ギムマネの効果・効能
ロデオボーイの感想 ダイエット|消費カロリー
パソコン メモリー増設のやり方
メモリボ
サプライズ 誕生日|結婚式|結婚式二次会|人事
お祭りと法被
お中元 御礼状|マナー|日テレ
おすすめのウェディングソング
手作りの結婚準備室 出会い|恋愛|結婚式
還暦祝い 相場|金額
長寿祝いのマナー
銀婚式のお祝いとプレゼント
金婚式のお祝いとプレゼント
ジューンブライドの意味と結婚式
梅雨明け
漆喰の単価そして漆喰のメリットとデメリット
イエスキリストの生涯と弟子
てんとう虫のサンバ
なめくじ 退治|駆除|生態|
アブに刺されたら
セメント 水セメント比


なぜ盆踊りをするの?〜由来と楽しみ方

冠婚葬祭マナー事典の葬祭編です。

なぜ盆踊りをするの?〜由来と楽しみ方
盆踊りといえば夏祭りの代表格。でも、どうして盆踊りをするのでしょう? お盆のクライマックス・盆踊りの醍醐味を味わうために、その由来や楽しみ方をご紹介します。そのためでしょうか、楽しいだけではなくなぜか切なさを感じます。家族揃ってぜひ参加したいですね。子供達は無邪気にはしゃぎ、大人達は様々な思いを胸に踊ります。

月が満ちるとき、その引力で海は大潮となり、人は高揚します。なぜ、盆踊りをするの?盆踊りは単なるサマー・イベントではありません……お盆にお迎えした祖霊を、慰めて送り出します 本来、盆踊りはお盆にかえってきた祖霊を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事です。15日の晩に盆踊りをし、16日に精霊送りをするのもそのためです。旅先などでは、その土地ならではの風情にひたって踊りましょう。

盆踊りの歌詞に色恋ものやきわどい内容が多いのはそのためで、人々は年に一度の盆踊りに様々な思いを託しました。帰省先なら、お盆の締めくくりになくてはならない行事。地域の結びつきを深め、帰省した人々の再会の場や、男女の出会いの場でもありました。念仏踊り(自分で念仏を唱えながら踊る)から 踊り念仏(念仏を唱える人と踊る人がいます)に発展した民族芸能が盂蘭盆(うらぼん。

いわゆるお盆のこと)と結びつき、精霊を慰めたり送り出すための行事になりました。盆踊りには、楽しさと切なさがあります盆踊りは、祖霊になった人々との別れを惜しむ踊りであり、人の出会いや別れとともに過ぎ行く夏を惜しむ踊り。月明かりの下、人の交流を深めます さらに、盆踊りには娯楽的な要素もあります。本来、盆踊りの晩(旧暦7月15日)は満月ですから、照明のない時代でも明るく過ごせ、月の引力の影響で人も高揚するため、盆踊りに最適だったのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。